スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古カメラの赤坂三共カメラはこちら

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
園遊会
最近(といってもまだ2回だけですが)グリーンバードという活動に参加している。

活動内容は、「そうじ」です。

赤坂の某放送局と某有名企業が協同して
赤坂をきれいにしよう!という趣旨の集まりです。

毎月第2・4火曜日の朝8時半に集合して何班かに分かれて町内をお掃除します。
誰でも参加できます。

当店が9時開店なので最後までは参加できず、途中で抜けさせてもらっているし
社会貢献とか偉そうなことは考えていませんが
朝からいい事した!という自己満が気持ちよくて参加しています。


さて、首題の件。
今日は近所の美容院さんの紹介で
着物を着た方を2組撮影しました。

おふた組とも、園遊会に招待されてようで、
着物を着てせっかくだから写真も・・という流れです。

園遊会・・なんとなく天皇陛下からお呼ばれされた方の表彰式のようなもの?
という位の知識でしたが、調べてみると招待されるってかなりすごいことみたいです・・
以下、抜粋。

園遊会(えんゆうかい)とは、広義の意味では野外で行われる宴(うたげ)のことであるが、日本では一般的に、天皇、皇后が主催する野外での社交会を意味する。

園遊会には、時の衆・参両院の議長、副議長、議員、内閣総理大臣、国務大臣、最高裁判所長官、判事、その他の認証官など立法・行政・司法各機関の要人、都道府県の知事・議会議長、市町村の長・議会議長、各界功績者とそれぞれの配偶者約2,000人が招待される。

1953年より毎年秋だけに行われてきたが、1965年より春と秋に行われ現在の形となる。それぞれ“春の園遊会”、“秋の園遊会”と呼ばれる。会場は赤坂御苑。招待者の名簿は当初から公表されてきた。

戦前は観桜会、観菊会という会が催されていた。これらは、現在は内閣総理大臣主催の「桜を見る会」、「菊を見る会」となっている。

皇太子同妃はじめ皇族が出席するほか、春の園遊会には、各国の外交使節団の長以下の外交官・各国の領事館の長とその配偶者・令嬢も招待される。

天皇、皇后両陛下の主催で赤坂御苑で行われる園遊会。1953年より毎年秋だけに行われてきたが、1965年より春と秋の2回開催されるようになった。

行政・立法・司法各機関の要人を始め、都道府県の知事、市町村長や各界功績者とその配偶者およそ2000人が招待される。

各界の功績者とは、産業、文化、芸術、社会事業などの分野で功労のあった人を指すということだが、ようするに「時の人」を招待するわけだ。

ワイドショーやニュースなどで、その年に活躍した、文化人やスポーツ選手、俳優などが招待されている姿を見たことがある人も多いのではないだろうか。

招待客のリストは宮内庁の委託を受け、総理府が各省庁と相談して作る。人選が決まるのは園遊会の2ヶ月近く前なので、その時期までに招待されるにふさわしいかどうかの判断が決定される。

園遊会に招待されるには、各省庁からの推薦がなければならない。招待されたいと思ったら、オリンピックでメダルを取るなり、ノーベル賞を受賞するなりの実績がなければ、なかなか招待されるのは難しいのである。



今日のお客様はどんな偉い方だったのだろう・・?

去年は雨が降って大変そうでしたが
今日は晴天!!

おめでとうございました。
スポンサーサイト

中古カメラの赤坂三共カメラはこちら

【2009/04/16 21:57】 | 写真撮影 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<G.W | ホーム | 結婚とサクラと静の休日と>>
コメント
すごいね!間違いなくすごい人だったんだよ。その人は。
今年はスキーの上村愛子とかも招待されたみたいね。
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/h_osaka/ho90417b.htm?from=tokusyu
【2009/04/18 12:41】 URL | kei #-[ 編集] | page top↑
keiさん
ほんとだ。
きっとすごい人だったんだね。
知らないってこわい。。
【2009/04/18 18:43】 URL | 細川 隆行 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sankyocamera.blog60.fc2.com/tb.php/176-4b1decc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。