スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古カメラの赤坂三共カメラはこちら

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パーティー
先週の金曜日、誕生日パーティーを撮影させていただきました。

ラジオパーソナリティーであり会社経営者という華やかなキャリアの女性の誕生日会でした。

最近はパーティーや懇親会の撮影のお仕事が多いです。

知り合いの方に依頼してもらったパーティーを撮影して
そこにいた方に別の会の撮影を頼んでもらったりして
よい繋がりを作っていただいています。


撮影の仕事をいただくといつも聞くことですが
納品のかたちと撮影の目的を聞きました。

写真が欲しいのか、またどれくらいまで伸ばす可能性があるのか
またはデータが欲しくて写真にすることはほとんどないのか
それで撮り方を変えるようにしています。
六切に伸ばすならかなり左右に余裕を持たせないといけないし
データだけでいいならオーバー気味に撮っておく方がきれいに見える。

撮影の目的が主役に捧げるアルバムなのか
全体の記録を残すことなのかでも撮り方が変わります。
主役の為の撮影ならばひたすら主役を追いかければいいし
記録写真ならば会場のみなさんの雰囲気を残します。

今回はウェブアルバムと写真両方、
目的は主役の方の要望で会場のみんなの様子を残して欲しいとのことでした。

写真にするなら少しアンダー気味の方がきれいだけれど
ウェブで見ると暗いとみっともなく見える。
適正露出を中心に暗く雰囲気のある写真も入れたい。

会場のHPを見るとバウンスは使えなそうだし
高感度に強いカメラを使って
全部ストロボなしで撮っちゃおうかななんて思っていました。

まずは早めに着いて会場のホテルの全景やエントランスを撮影。
01 (2)
iso 5000 1/30 f5.6
02.jpg
iso 3200 1/30 f3.2

三脚なしで夜景を撮れるなんて高感度さまさまだ!

会場になる部屋をのぞくとリハーサル中でした。

まだ照明が落ちている感じだったので
本番はどの位の明るさになるか聞いてみた。

「このままでいきます。」

「なんと!!」

また開店前のお店のように暗いです。
どのくらいかというと
iso6400で絞りを2.8にしても1/15か1/8位でしかきれないほど。
正直、どうしろと?と思ったほどです。
03.jpg
iso6400 1/15 f2.8

6400もだめだし2.8も1/15もだめだろうということで
あっさりノンストロボは諦め、
iso1600~3200絞り4で1/30~1/50で
ストロボはバウンスメインで撮ってみました。

少し暗くてタングステンかぶりしてしまったけれど
それ位の方が会場の雰囲気そのままに撮れるだろうと判断しました。

あとバウンスのいいところ。
ある人の表情を撮りたくて
その人だけを撮るのもいいけれど
手前に会話の相手の人の背中や後頭部を入れる時がある。
そうすると、一人で笑っているのではなく
会話を楽しんでいる人になる。
そういう時にバウンスだといい。
直当てだと手前の背中が光ってしまう。

時々バウンスだけじゃなくて直で当ててみましたが
高感度低シャッターで光量が少ないからか
そこまで嫌な光り方はしなかった。
顔の色はこっちの方がきれいに出る。
もしかしてこっちの方が一般受けはするのかな と思いつつ
天板メインで撮ってみました。どっちがお好みかは人それぞれ。

今回の反応をみて次回から役立てよう。

メンバーがかぶって、以前にも会ったことのある方も何人かいました。

だんだんその人のキャラクターがわかってきて
キャラに合ったいい表情も撮れた気がしました。

主役の方の人柄か
みなさん本当に楽しそうでいい笑顔をしていました。

素晴らしい会を撮影できて光栄でした。



スポンサーサイト

中古カメラの赤坂三共カメラはこちら

【2009/05/11 00:06】 | 写真撮影 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<交流会 | ホーム | 伊豆旅行>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sankyocamera.blog60.fc2.com/tb.php/180-e30797e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。