スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古カメラの赤坂三共カメラはこちら

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
つづき
目的地の吉崎浜に到着。
メローな波だと聞いたのにこの日は風の影響で大荒れ!
吉崎浜はあきらめ彷徨うがその他どこに行っても同じような状況でした。
千葉を超え茨城に突入、波崎へ!
頼みの綱波崎もこの日はよくなかったけれどもう我慢の限界。波崎で入水!
最初の30分くらいはまだよかったんですが海は荒れる一方で
2時間位で出てしまった。

秋冬の海はすいてるし水も空気もきれいだしすごくいいんですが
海を出たあとの着替えが寒い!この日は雨も降ってたし気温も低く
こごえながら着替え、やっと板を車に乗せいざ出発!
エンジンをかけるとクーラント液の警告ランプが。
10年以上乗っている愛車ゴルフはかなりガタがきてる。
窓が時々開かないしオイルもクーラント液も漏れている。
よくあることなので、補充液を入れて再度出発!
エンジンをかけるが掛からない・・
「あれっ?あれっ?」
時間をおいて何度かチャレンジするが掛からない。
バッテリーかなとタカをくくっていたので
近くの車に頼んでケーブルをつないでもらってトライ。

かからない・・

知り合いの車屋さんに聞くと
「もう一度ケーブルつないでもらって回転をあげてもらっていやってみて」
再度お願いする。

かからない・・

もう一度車屋さんに電話してみる
が、携帯の電池がなくなってしまった。。

はは・・

同乗してた友人Mの携帯を借りてJAFに連絡するが
JAF会員の有効期限が過ぎてる。

はは・・

幸い友人Mが会員だった為問い合わせてみるが
ここは銚子の先の海岸の駐車場。
現在地を知らせるのもひと苦労だしやっと把握してもらっても
到着まで1時間以上掛かるという。
しかも到着しても現地での対応には限りがあって対処しきれない場合は
レッカー移動になるという。
とりあえず仕方ないから来てもらうようにしつつ
イエローハットや保険のロードサービスに連絡するがどこも条件は変わらない。
濡れた体は冷え切ったうえに車内は寒い。
JAFの到着をぼーっと待ってるのも何なんで近くのコンビニへ。
温かいものを食べてほっと一息するとJAF到着。

あっさりと・・レッカー移動決定。

修理を受け付けてくれる先を探す。

日曜の夕方に外車を受け入れてくれる店などなかなかなく
フォルクスワーゲンのサポートセンターに問い合わせると
「15キロ離れたディーラーは修理できるかどうかわからず
 50キロ離れたディーラーなら対処できるでしょう」と。

JAF会員なので5キロまではレッカー代無料で以後1キロ毎に600円。

対処できるかどうかわからないとこまで運ぶのに6000円。
確実なとこまで運ぶのに45×600円。(すでに計算できない)

はは・・

絶望的になっていると頼れる友人Mが携帯の検索でもっと近い所を探してくれた!

初めてのレッカー移動にどきどきしているうちにトヨタのディーラーに到着。
そこは砂漠のオアシス。
あたたかいし明るいしコーヒーまで入れてくれた(:_;)

修理してもらってる間に最悪の想像をしておく。
修理できず、預けになってしまったらどうしよう。
っていうかこういう日はとことんツイていないものだから多分直らないだろう。
そうしたら電車?銚子駅は近かったがこの状況で電車はつらいなー。
東京で乗り捨てが可能だったら、レンタカーして帰ろう。

そんな話し合いをしてましたが、なんとあっさり直りました!
さすが世界のトヨタさま!

ボンネットを開けた時に雨が降りこみ、エンジン部をショートさせてしまったそうな。
水を散らしただけで直ったから修理代はいりません だってー!
レッカーもギリギリ4.4キロで無料でした!

今回は悪いことが重なりましたが、
不幸中の幸いは

●同乗者が誰も急いでなかったこと。
●同乗者が友達だったこと。
 これが気になるあの娘をデートに誘った時だったら最悪だ。
 しかも友人Mは頼れる男だし
 友人Dは後ろでチョコ食べたり呑気だったが
 「旅はトラブルがあるから楽しいんだよ^^」と盛り上げてくれた。
 それに、一人であの状況で携帯死んだら本当に死亡する。
●歩いて5分の所にコンビニがあったこと。
 銚子のはずれもつらかったが、これがスノボに行った時で山の上の
 駐車場とかだったらって思うとぞっとした。
 寒いし、レッカーとかできないよな?って。

これを機会に車を整備することを決意したのでした。

長くなりましたが、今回の教訓

「なんとかなる。トラブルを楽しもう!」でした^^

スポンサーサイト

中古カメラの赤坂三共カメラはこちら

【2006/11/23 01:43】 | 赤坂三共カメラ四方山話 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<年末セール実施中! | ホーム | 消えた・・>>
コメント
事実は小説よりも奇なりってか!?
あちしもまぜてよーー
【2006/11/23 02:41】 URL | ぶ #-[ 編集] | page top↑
一人だったらすっごい怖いですねw

でも、楽しそうって思ってしまったww
すみませんw

【2006/11/23 09:18】 URL | のでぃ #-[ 編集] | page top↑
そういうことだったんですね!
ほんとココまで重なると笑いが出てきそうになりますね(あ、不謹慎?)

最後の一言はとても説得力あります。
そうなんですよねーなんとかなるんすよ。
最後はちゃんと神様が見てくれてるんですよね。

いいお友達に囲まれてステキな思い出になったとおもいますよ。
きっと気になるあの娘だって笑って許してくれるはず!
【2006/11/23 12:24】 URL | yukinoko #-[ 編集] | page top↑
あ~。あるねぇ・・・こういうの。
冬の雪山しかも夜でエンコだったら・・・
・・・・死ぬね。マチガイナイ。
怖い思いは突然やってくるから
せめて日頃から予防できることはしておこう^^
と、おいらもキモに命じておこう。
【2006/11/23 20:04】 URL | #-[ 編集] | page top↑
ぶー
まざりたかろう!
月末こっちに来れそうなんだって?
飲みいこう!

のでぃ さん
楽しもう!といいつつつらかったな、、あのときは。
一人だったら・・その場で気絶したいね。

yukinokoさん 笑って許してくれますかー?
車屋の友達に電話中に充電なくなった時は笑ったな。
はは・・ って乾いた笑い。

しみさん
冬の夜の雪山でエンコ・・
想像もしたくないけど有り得ない話じゃないことが今回でわかったよ。
お互いしっかり予防はしよう(^^)V



【2006/11/24 12:36】 URL | 管理人 細川隆行 #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sankyocamera.blog60.fc2.com/tb.php/49-e55f0ca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。